<   2005年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
根付くということ
c0023674_16353035.gif ミドリと付き合いはじめてから気になるようになったことに、言葉のことがある。
 「 やっと芽が出た」と比喩的に言うときの、時間的なニュアンス。「根腐れしている」の表面上ではわからないけど本質的な、もう"切る"以外に治しようのない腐敗した感じ。しかも大抵の根腐れは水のやり過ぎが原因で、いかにも飽食の限りを尽くした末の退廃といったイメージ。
 それから「悪い虫がつく」。若くてツヤツヤな新芽に集中的にたかるさまは"やっぱり若くてピチピチなのがいいよなぁデレデレ"そのまんまだ。虫には虫の人生も言い分もあるだろうが、ミドリに育ってもらいたい側にとって、虫は敵。

 やっと芽が出る歓びの季節到来。そこに至るまでの「水面下(地面だけど)」での「根付く」作業があればこそ。なんだかいろいろ、ありがたい気持ち。

[PR]
by pantaya | 2005-03-28 16:58 | plants
近くに水のある生活・NY
c0023674_317537.gif

 1997年から2001年の9月(テロの月)直前まで、家人の仕事の都合でニューヨークに住んだ。日本でない場所、というだけでも刺激には事欠かず、面白いことも多かったとは思うが、自分の言いたいことがうまく伝えられないということがもどかしかった。言葉の通じにくいガイジンという立場に自分がなるのは、イメージしていたよりしんどいことだった。そんなことでいちいちくたびれる自分というのも、自分のイメージとちょっと違うなあ……と、何重にもまたイメージでイメージを括っていたような。今思い出すと変な日々。

 ニューヨーク近辺には水が多かった。マンハッタンもロングアイランドも島になっているし、ハドソン河もある。川沿いに用があることが多かったので、毎日のように水を目にした。ミドリ達の世話におそるおそる手を染めたのもこの頃。水といいミドリといい、黙って接しているだけで癒される。いつの間にか、突然クルマを走らせ海を見に行ったりする、まるで湘南育ち(とは限らないでしょうが、イメージです)のようなひとになっていた。
 もちろん、帰国とともにその影は姿を消した。

[PR]
by pantaya | 2005-03-24 00:43 | NY
喫茶店
c0023674_3162227.gif

 かつて喫茶店と言われていたような場所が、最近はどんどん「カフェ」になりつつある。それでもなお「喫茶店が好き」という場合には、あえてカフェとは言わないぞというそれなりの意志が籠もっている(と思っている)。そして、私はそういう意味での喫茶店派なのである。
 
[PR]
by pantaya | 2005-03-18 00:14 | NY
ディーン&デルーカのカフェテリア
c0023674_3152617.gif

 NYのヴィレッジ界隈にあるディーン&デルーカのカフェテリア、99年のスケッチ。この後日本にも出店することになるとは。じつはマンハッタンを真面目に運転中、ディーン&デルーカの業務バンに追突されたことあり。信号で停止中だったのでさほど実害はなかったけれど、すこし塗装修理が必要でした。この機会に何かお詫びの菓子折でも来ないかな、と思ってみたけどそこはアメリカ。来ませんでした。
[PR]
by pantaya | 2005-03-15 17:23 | NY
カエルコレクション2
c0023674_20452173.gif

 カエルものばかり置いているカエル屋さんで見つけた。
 生まれは日本ではないが、どこだか忘れた。皮膚は木綿、顔や足先に手縫いのステッチが入っていて、ポイントは大きな木製ボタンの目玉(もしかしたらヤシの実製かも?)。ストライプの色も気に入ったけど、この目玉が購入の決め手となった。体長(鼻先からお尻まで)235ミリ、これに長い手足がブラブラついているのでけっこう大きい。体内にはおそらく小豆のようなものが詰まっている。
 これを描いてみて初めて、足の左右の形が違うことに気が付いた。

[PR]
by pantaya | 2005-03-12 18:51 | portrait
土の春
c0023674_23382748.gif

 まだ寒い盛りに日差しだけが春めいてきた先月、この時期のことを「光の春」というんだって、と友人が教えてくれた。その後暖かくなって春本番を迎える前に「土の春」というのが続くんだとも。部屋飼いのミドリたち、新芽の成長や土の乾く速度など、わずかながら活発化してきている。
[PR]
by pantaya | 2005-03-08 23:48 | plants
いのちのリンゴ
c0023674_1515634.gif
 この冬から毎朝一番に必ずリンゴを食べるようにしている。一日の始まりに。体操に行く前に。そんなわけで、まるで常備薬のように家には必ずリンゴがあるようになった。
[PR]
by pantaya | 2005-03-07 01:58 | food/tea time
MOMAネズミ氏
c0023674_21135113.gif

 カエルを集めてしまう以外にいわゆる「人形」の趣味はなかったはずなのに、気づいたら家には他にもいろいろいた。NYの近代美術館(MOMA)ショップで出会ったこのネズミ氏もそのひとり。肌の色合いだけでなく服のセンスとか体型まで、この方はちゃんと黒人。

 シッポがどうしてこんなに激しくハタキのようになったのか、デザインの意図は不明。アメリカはインパクト命だからか、それともただ端布がいっぱいあったからか……?
 体長(頭頂→足裏)約200ミリ。自立しないので、瓶に入れたり、立てかけたり。
[PR]
by pantaya | 2005-03-03 21:45 | portrait