グリーンカーテン・暑中お見舞い申し上げます
c0023674_654397.jpg

暑中お見舞い申し上げます。
うだるような暑さは、この涼しげなカーテンの隙間から容赦なく押し入っては来るのですが。それでも何もないよりはずっと涼しいのだろうと思います。気温は高くても「ひかげ」は嬉しい。ましてそれが「はっぱ」の産物となれば。ミドリのカーテンに初挑戦してみて、ホントよかったなあとしみじみ。
[PR]
# by pantaya | 2009-07-21 07:00 | plants
グリーンカーテン・おもてうら
c0023674_1312059.jpg


c0023674_1514218.jpgグリーンでなくてホンモノのカーテンもそうだけど、表の顔と裏の顔って印象がかなり違う。裏(室内側)から見える、光が透けて彩度があがったミドリ色はほんとうにきれい。いっぽう表(外側)にまわってみると、裏の光景よりも葉っぱがたくさん密集しているように見える。しっかりガードされているような外観の内側は、みためよりもスキだらけで繊細。なんか人のココロのようですねえ。
[PR]
# by pantaya | 2009-07-16 01:48 | plants
ごぶさたのアップ・グリーンカーテン始めました
c0023674_22144275.jpg


幾分ハヤリなエコ感覚にものっとって、狭いベランダで「グリーンカーテン」を育ててみています。だいたい部屋ミドリ(観葉植物)専門だったので、ツルものは初めて。ちょっとドキドキな苗の植え込み。長いプランターも買い込んで。ツルを這わせるものはどうする?・・・といろいろあったのですがそのあたりは追々、ぼちぼち。まずは最近の部屋ミドリの、ちょっとジャングルチックなコーナーの写真から。
[PR]
# by pantaya | 2009-07-13 22:22 | plants
あけましておめでとうございます・2009

c0023674_1215394.gif


もうひとつの "健康ブログ" 「pantaya2_カエルの体操」にすっかりエネルギー注ぎ込んでしまっていますが、こちらも閉じてしまったわけではなく、私のお絵描き魂が消えてしまったわけでもございません。健康魂とお絵描き魂が限りなく合体しつつある昨今、こちらの内容とあちらの内容が混ざり合ってくる可能性もなきにしもあらず。今年もどういうことになるのやら、あきれつつも見守って参りましょうではありませんか。何言ってるんでしょうか。まあ、そんなこんなで今年もよろしくお願い申し上げます。

                             pantaya

干支は丑。でもカエルな丑、いえ、丑なカエルをモチーフにしてみた年賀状の、色違いパターンです。オリジナル年賀状版はコチラ
[PR]
# by pantaya | 2009-01-02 01:57 | portrait
ネズミの太極カレンダー
だいぶ時期はずれになってしまいましたが、太極拳をしているネズミのカレンダーができました。中国整体の「漢風閣」さんの企画・製作です。

c0023674_4342644.jpg

2008 太極鼠暦 Taiji Mouse Calendar : 約120×120mm, 表紙含め13枚
copyright 2008 漢風閣/pantaya, all rights reserved. font operation by yuehua.


今年の干支・ネズミが太極拳をしているイラストが、各月にそれぞれ動作名とともにのっています。この太極拳の型は、太極拳では一番広く普及しているといわれる「簡化二十四式」という套路(型の組み合わせ)で、自分が一番最初に覚えた套路でもあります。ひとつひとつの動作を実際に自分の体で確かめながら、なるべく忠実にネズくんに伝授したつもりです。ネズくん、実にまじめに素直に取り組んでくれました。

絵を描くと、不思議なことが起こります。笑っている顔を描こうとすると、描いてる自分の顔がいつのまにか笑ってる。しかめ面だと、しかめ面。べつに鏡を見て描いてるわけじゃなくてもです。で、太極拳だと、やっぱり、太極拳。中腰で動きながら描いたってわけではないですが、なんとなく動作をしてる感覚になっている自分、だったのです。つまり、じっとこもって描いてるというよりは、この作業をしている間は太極拳をしているのと同じような状態・・・おそらくは深い呼吸とか、肩をゆるめて落として、とか。それに真剣にやってるネズくんの表情がまじめであればあるほどなぜか可笑しく、描いてる私もまじめなんだけど同時に心の内ではクスクス。笑うと呼吸も深くなるわけだし、さぞ酸素も採り入れられていたことでしょう。

というようにかなり気持ちよく、すごく面白かったんですが、なかなか思うようにできないままついに新年を迎え、完成した時には2月もとっぷり迎えてしまいました。企画の漢風閣さんには大変ご迷惑をおかけしたにもかかわらず、「ちょうど中国のお正月でいいですね」なんてのどかに笑って許していただけましたけれども、ほんとに申し訳ござんせんことでした(ぺこり)。

そしてこちらでご紹介するのが3月にもなってしまいました。
2月始まりで来年の1月終わりのカレンダー、もしも万が一ご希望の方がいらっしゃいましたらコチラからご一報ください。私のところにちょこっとだけある在庫からプレゼントいたします!(ただし在庫切れの場合はご容赦くださいませ)
[PR]
# by pantaya | 2008-03-08 04:34 | body