タグ:ニューヨーク ( 6 ) タグの人気記事
WTC・ワールドトレードセンタービルヂング
c0023674_13522264.jpg

 あの衝撃的な同時多発テロから丸5年。ということは、私たちが東京に戻ってからもほぼ丸5年。こんな大事件が起きるなど知るよしもなく、この数日前にのんびりハワイ経由で戻ったばかり。まだ時差ボケもさめやらぬ状態。しかし夫は仕事でふたたびNY。え? もしかして、今テレビで観てるこのハリウッド映画みたいなスペクタクル状態のマンハッタンに、夫もいるってことだよね?? 友人や家族から続々電話が入り「だいじょうぶなのかなあ」と聞かれる。「ワートレと会社は歩いたらだいぶ遠いから」などとボンヤリ答える。ん? 歩いたら遠いから大丈夫、なんて簡単な話か? 今テレビで観ているのは、すごく大変なことなんじゃないか??・・・

 その後、この2つのビルは崩れる。いろいろな意味で「象徴」だった。一度はのぼってみなくちゃね、というような存在。かろうじてようやくたった一度だけのぼった時、はるか下のほうの地上を見ようとしたらクラクラして頭が痛くなった。ここで毎日働く人たちは頭痛くならないのかなあ、えらいこっちゃなあ、などと思った。
[PR]
by pantaya | 2006-09-11 21:48 | NY
deli2_マフィン類
c0023674_15413893.jpg

 アメリカのデリにはパンだけでなく、表面がゴリゴリのマフィンもゴロゴロ転がっている。バリエーションがいろいろあると、迷った挙げ句に結局どれも食べてみたくなってしまうけれど、例によってヘビー級なのでそう何個も食べられない。
  チョコ好きの私は、あまりに迷ったらチョコチップマフィンという切り札?があるのだが、多種穀物入り("7grains"とか"10 grains"…7種、10種)というエコな感じのものもなかなか気に入っていた。ややパサパサした穀物としっとりした生地が相まって、おやつというより軽食感覚。
 洋服屋でも広告のプレゼンでもそうだけど、何種類か並べたほうが目をひくというか、比較しながら見つめているうちに欲を刺激する効果もあるようで。

[PR]
by pantaya | 2005-11-27 15:56 | food/tea time
Deli1_本日のスープ
c0023674_1256298.gif

 飲むというより食べるといったほうが合っているほど具がゴロゴロと入ったスープは、ものぐさ・なげやり・しおしおになった時の私の栄養補給アイテムのひとつ。これからの季節はクラムチャウダーなどホワイトソース系のものもいい。ガリッとさせたパンをほおばったところへシュ〜っとスープを流し込み、口の中でじんわり浸みるのを楽しむ。ときどきはパンをスープに漬け込んで、トロリンとしたところをすするように食べる。最後のお皿も、パンでお掃除。もちろん、ご飯をスープに突っ込んで、というのも楽しい。
[PR]
by pantaya | 2005-11-19 13:06 | food/tea time
デリ4_お菓子系
c0023674_3104089.gif

 ペストリーとかデニッシュとかいうもの(つまり菓子パン…?)にはけっこう目がない。初めてのパン屋に入ると、まずショコラを買ってみたりする。だからって味を"判定"できるほどの舌を持ってるってわけではないんだけど、ただなんとなくその店に対する自分の好き嫌いの目安になる気がして。一方、コロッケパンやらハムカツパンの、あのソース漬けになってしまったキャベツが奥に潜んでいるあれも好き。ああ、ニッポンのパン!…というのに近いアメリカ版のが、こういうのかなあ?と思った。あくまで甘い"こってりブラウニー"とか…。
[PR]
by pantaya | 2005-11-09 01:23 | food/tea time
Deli3_デリ&カフェテリアの食べ物
c0023674_18593790.gif

 食べ物屋ではどこでも信じられないほどドッサリ量が出てくるアメリカでは、軽食といわずまともなご飯タイムでも、カフェテリアのパンやサンドイッチは強い味方でした。しかしこれがまた曲者で…ショーケースの中に入っている時よりも、実際目の前に出された時のサイズが大きいこと!
 人間の脳(眼)はいろんなところで"事実に主観を混ぜ込んだ思い込み"をしてしまうらしいけれど、ここでも「ふつうパンといったらこれくらい」という大きさの思い込みをしているんだろうな。と言い聞かせること何十回。なかなか適応できないまま、帰ってきてしまった気がします。

[PR]
by pantaya | 2005-10-31 19:11 | food/tea time
MOMAネズミ氏
c0023674_21135113.gif

 カエルを集めてしまう以外にいわゆる「人形」の趣味はなかったはずなのに、気づいたら家には他にもいろいろいた。NYの近代美術館(MOMA)ショップで出会ったこのネズミ氏もそのひとり。肌の色合いだけでなく服のセンスとか体型まで、この方はちゃんと黒人。

 シッポがどうしてこんなに激しくハタキのようになったのか、デザインの意図は不明。アメリカはインパクト命だからか、それともただ端布がいっぱいあったからか……?
 体長(頭頂→足裏)約200ミリ。自立しないので、瓶に入れたり、立てかけたり。
[PR]
by pantaya | 2005-03-03 21:45 | portrait