タグ:人物 ( 13 ) タグの人気記事
おすもうさんのふくらはぎ
c0023674_1822162.jpg

 九州場所が始まった。子供のころからけっこう相撲中継は見ていたけれど、思えばずっと気になっているのは勝敗のゆくえとか昇進などより、おすもうさんそれぞれの体型かもしれない。泣きながら股割りをしたという話もよく聞く、それほどにして鍛えた柔軟性。どこどこが痛い、と力士自身が言っていたと聞くと「力士は痛いなんて言うものではないです」などとぴしゃりと言いたがる親方衆の昔ながらの気風は必ずしも私好みではないけれど、圧倒的に不利に見える小さいひとがチャリッと勝ってしまうとやはりおもしろい。それよりなにより、あの巨体の足もとを見ると意外にキュッと引き締まった細い足首だったりするのが気になる。ディテール的には、やっぱり足。かな。
[PR]
by pantaya | 2006-11-13 18:54 | body
西洋の美人さん・1_やり直し
c0023674_2362762.jpg

 二人めの美人さん・パトリシアを描いてみたら、先日アップした美人さん・1のローズにちょっと化粧直しの必要を感じ、最初の美人さんは削除してしまいました。現実世界の顔も、ときどき削除・レタッチ・交換などをしてみたい衝動にかられることも・・・あったなあ。なんにせよ、お化粧という行為自体がすこしそれに近い役目なわけですが。男子にはそんな手段がないから「素で勝負」しかなかったのは昔のはなし。今はけっこうすごいですよね、甲子園球児たちのマユも・・・
[PR]
by pantaya | 2006-08-28 01:05 | portrait
西洋の美人さん・2
c0023674_141788.jpg

 
[PR]
by pantaya | 2006-08-27 10:39 | portrait
ニッポンのおじさん_2
c0023674_17133723.jpg

 足元に注目。やはり草履はいかにも身体によさげです。長年あきらめていた足趾(あしゆび)強化にちゃんと向き合うことにした私にとって、こともなげに草履でスタスタ、ときに全速力で走ったりなんかできるようになるのは夢のまた夢。そしてこのスタイルでの歩き方の王道は、革靴文化で出来上がってきた歩き方とは違って当然なのかなとも思う。このおじさんには、安定感がある。荷物を振り分けにして左右両方に荷重がかかっているのもよいですね。なあんて。
[PR]
by pantaya | 2006-07-26 17:14 | portrait
ニッポンのおじさん_1
c0023674_23465995.jpg

 アメリカのおじさんに目を奪われて過ごした日々から一転、生まれ育った、何の変哲もない、ごくふつーの日本に戻ってみると… なんと新鮮な「何の変哲もなさ」だったことか。そういうことか、視点を変えてみることの大切さって。なんてことをちらと思う。
[PR]
by pantaya | 2006-07-20 23:52 | portrait
アメリカのおじさん_4
c0023674_1828278.jpg

 おじさんとくくってはみたものの、もしかしたら意外に若いのかもしれませんが。
 こういう一般レベルでの腕っぷしを拝見するたびに、力勝負の世界大会風なものでの日本人の体格的ハンディを思い知らされてしまいます。やはり、得意なことで技を磨くがよしですね。
 ちなみにこのネオンカラーの装着品は、工事現場用のもの。

[PR]
by pantaya | 2006-06-26 18:36 | portrait
アメリカのおじさん_3
c0023674_2262567.jpg

 キューピー顔・・・?(でもおじさんです)
[PR]
by pantaya | 2006-06-15 22:10 | portrait
アメリカのおじさん_2
c0023674_757136.jpg

 なんかタダ者ではない雰囲気のおじさん。なみなみとした銀髪とダークなジャケットが派手なコントラストをつくっていました。
[PR]
by pantaya | 2006-06-05 08:04 | portrait
アメリカのおじさん_1
c0023674_13425070.jpg

 「ヨーダ・依田さん」から男の人づいていますが、そういえば以前「おじシリーズ」を描いていたことを思い出して、ひっぱり出してきました。国違えども、歳を重ねた人の表情には味があります。それは単に表情筋の陰影(つまりシワとか)が豊かになってくるからだけではないでしょうね。
[PR]
by pantaya | 2006-05-30 13:51 | portrait
藩さん?
c0023674_14524138.jpg

 似ているか否かがちょっと微妙なところですが…この方も「依田さん」に続いて『スターウォーズ』の主要登場人物です。なんせこの時はまだ若い!ので、ほんとにこんなに細長い顔でいいんでしたっけ?と思うくらい細い顔。スタアとは、昔むかしの青臭いながらもピチピチな姿を万人に知られているということであり、また、じわじわと老け込んですっかり輪郭も崩れてしまった姿と比較され続けるということでもあり。ですが、どの時点をとっても素敵であるのがスタアたるゆえんですね。(ハン・ソロ役をやっていた、ハリソン・フォードのつもりです。)
[PR]
by pantaya | 2006-05-18 15:01 | portrait