影2_光のテンテン
c0023674_14474341.jpg

 寝室の窓が東南を向いているので、午前中はやけに陽あたりがいい。ブラインドの羽根にあいた糸とおしの穴から陽がはいり、顔にあたるのがまぶしくて目が覚めたりする。そうか、だからあの「テープ付きブラインド」ってのがあるのか…と納得するが、どうもあのテープ付きは見た目今イチで好きになれない。それにこの光のテンテンが、部屋のあちこちにズルズルッと移動していくのを布団の中から眺めるのはなかなか楽しい。同時に寝ている間にシミ・ソバカスが造成されてしまう恐怖もあれど。
[PR]
by pantaya | 2005-12-21 14:50 | photo


<< 影3_ティーラウンジ 影1_たまご色の机 >>