<   2005年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
カエルコレクション1
 動物でいうと私はカエルらしい。今ほどカエルキャラが浸透するよりずっとずっと前から、違う場所で違う時期に複数の人から言われているうち、きっと私はほんとにカエルなんだと思うようになった。自分でもカエルグッズを見かけるとつい手に取るし、人からもよくもらうので、自然にカエルコレクションが増えてきた。
 でも、じつは本物のカエルにはさわれない。

c0023674_20315876.gif

 この子はイタリア生まれ(らしい)。全長(手先→足先)90ミリ。体内は小さいビーズ状のもので詰まっている(らしい)。皮膚はレーヨンにプリント。図鑑によれば、ジャングル方面にはこんなカラフルなカエルがいる(らしい)。

[PR]
by pantaya | 2005-02-27 23:38 | portrait
春一番のあと
c0023674_23312961.gif


 近所の公園は昔伯爵家の庭園だったところを一般公開していて、ちゃんと監理の手がゆきとどいている。事務所にはいつも人がいるけれどめったに出てきたりせず、利用者としては安心だけどほっといてもらえもするので居心地がいい。
 でも今朝の体操タイムには、4〜5人のやや高齢の方々が華々しくお掃除をしていた。いつも荷物を置くベンチを拭き始めたおじさんが言うには、今日は落ち葉がすごくて掃除に手間取ってしまったんだそうだ。荷物を抱えたまま足首回しをしながら、そういえば、昨日の風はすごかったですもんねえ。などと話し、先週よりさらに木々の芽がふくらんでるなあと思った。
[PR]
by pantaya | 2005-02-24 23:24 | plants
おやつ度
最近、間食が多くなってきたような気がする。

c0023674_20275755.gif

[PR]
by pantaya | 2005-02-22 20:45 | food/tea time
2月のチョコ
c0023674_01436.gif
 2月14日には我が家にも来ました、お仕事チョコ。職場のみなさま、お気遣いありがとうございます。あ、いえ、チョコ好きの私にいただいたのではないことは判ってます。
 さすがにいつもはチョコよりマメ派の家人もせっせと食べて、気づいたら最後の一個になっていました。
[PR]
by pantaya | 2005-02-21 00:11 | food/tea time
わんわん
c0023674_0112698.gif
 朝の公園話が続きます(まだとっても新鮮なもので)。
 ハトもいますしカラスもいますが、ペットの犬たちの朝のおさんぽタイムでもあるようです。飼い主のみなさんにとってはウォーキング井戸端集会でもあったり。そして体操おじさん、体操おばさん(え、私?)。このあいだはエレキおじさんもいました。ちゃんとアンプまでつないでギャ、ギャ、ギャ〜ンと、やや深紫風。(※Deep Purpleのあれです…) もちろん、近所迷惑だと思います。
[PR]
by pantaya | 2005-02-19 00:25 | portrait
ぽっぽ
c0023674_16573652.gif
 
 早起き8日め。公園での朝体操3日め。後ろに反ったらハトと目が合った。私パンもなんにも持ってないよ。
[PR]
by pantaya | 2005-02-17 13:36 | portrait
春よ来い
c0023674_1459476.gif
 先週から突然早寝早起きに無理矢理シフトしているけれど、なんとか今日も明るい午前中を満喫。公園に行ってひとしきり体操とTai-Chiをする。家々の庭先にウメのつぼみ。
[PR]
by pantaya | 2005-02-14 15:06 | plants
言いまつがい
c0023674_12363156.gif

 家人はマメが大好き。新聞を読みながら、テレビを見ながら、昼間でも夜更けでもマメ類をかじる。断然ピーナツ派。食後もすぐにマメに走るのですかさず横からミカンなどを出すけれど、ひと口でバクッと食べ終えるとまたマメに戻る。

 近頃ミカンが高かったので、ポンカンを買っていた。例によってマメタイムに入っていた彼はポンカンをつかんで口に入れたとたん言った。

「あ、このミカンマメがある!」
 んー形は似てるかも?
[PR]
by pantaya | 2005-02-10 12:46 | food/tea time
続・老けゆくお目目たち
c0023674_2146553.gif

 手元用だけでなく、ある程度遠くまでも見える用に作ったのがこのメガネ。この「ある程度遠く」というのがどの辺りまでかをメガネ屋さんで話していて、気がついたわけです。私は遠〜〜くまで見ようとしすぎていたのかもと。

 もうだいぶ前に初めて「その症状は老眼ですよ」と言われたとき、これでメガネがかけられる!と少し嬉しかったのを覚えています。メガネに対してなんとなーく憧れがありました。これは、全然違うようだけど眼帯や包帯やギプスに憧れるのとちょっと近い。
 だけどギプスをもし経験したら、あまり何度も身につけたいものではないでしょうし、メガネだって夏の汗ダラダラな時にはもうどうしてくれよう!って思います。

 そんな喜怒哀楽も一緒に過ごすわけですから、見ているだけで憎らしくなることのないよう、飽きの来ないデザインを選ぶのが正解。

[PR]
by pantaya | 2005-02-09 01:07 | daily life
老けゆくお目目たち
c0023674_22515339.gif

 パソコンを使うようになって視力がガタッと落ちたという人が、自分を含めて周りに多い。パソコンというきっかけがなくても、そろそろそういう年齢ではあります。いきなり目の前に突き出された物はたいてい読めず、焦点を合わせようとするとウェッ!と吐き気まですることもある、などという話で盛り上がる今日この頃。
 でも「老眼」という字面はなんかなあ…。
 私は仕事柄もあってか、30になった頃にはすでにその症状があったのです。当時すでに腰痛も慢性化していたから、どっちみち年寄り的ではありましたが… 

 もともと私は遠視気味、つまり見えすぎの人。メガネを作ることになって初めて、もしかしたら今まで自分は何でも見えて当たり前とばかりに目を凝らしすぎる傾向にあったのかもしれないと気がつきました。他人の視界は永遠に自分にはわかりませんが、昔から近視の人とは見てきた物の情報量がえらく違うのかもしれない。
 そんなことは考えたこともなかったし、まあ目は見えていても、物の本質などは全然見えてないってことは大ありですが。

 そんなわけで、いつのまにか欠かせぬ大事な友となったメガネ、二つを使い分けています。こっちは手元での作業やパソコン用。
[PR]
by pantaya | 2005-02-06 23:01 | daily life