<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
記憶スケッチ「オギョモさま」(チャングム)
c0023674_0481986.jpg

 再び記憶スケッチシリーズ。
 某場所にて出ているお題は数え切れぬほどあるのですが、その場の平均年齢が私よりはそうとう若いため、数え切れぬもののうち私にわかるほうが少ない。というのは悲観しすぎかもですが、まあ、わかるのを見つけては描いたりしてみる。で、あ、これならわかるぞと描いてみたのが、韓国ドラマ『チャングム』の絵に描いたような悪役人オギョモさま。

 私はいわゆる韓流ブームにのった人ではないですが、このドラマはなぜか見始めたらずずずぃっとひきこまれました。橋田壽賀子の大奥風大河ドラマ。言いたいことあれだけ全部言いきれたらさぞ気持ちよかろう、という橋田風な長台詞にもひきずられるが、チャングムもこれだけ美人で、これだけ頭もよくて、これだけ死にかけても生き残れる運もあったらさぞ楽しかろう(※実際には辛い目にばかり遭ってます)と思わせられっぱなしでつい全部見てしまった。

 ところでこのオギョモさまを始めとして、このドラマでは悪い人たちといい人たちがくっきり別れている。時代劇にありがちなことなのだが、身分や役職に応じてみんなが似たような出で立ちでゾロゾロいたりするので、同じ服装同じ髪型なのに、この人がいい人、あの人は悪い人。頼みの顔立ちが似ていたりするともう全然わからない。そんな中で、たぶんこの「オギョモさま」はちょっと目立っていた。という記憶すらあやふやだけど、お題に出たくらいだから、きっとそうだ。きっとこの人がオギョモさま。

※正解画像はこちらにアリ>総合テレビ:宮廷女官 チャングムの誓い ◆人物相関図◆
・・・と書いてからチェックしてみたら・・・となりに出ているチェ・パンスルという人と混じってたかも??

[PR]
by pantaya | 2006-10-27 00:38 | kioku-sketch
記憶スケッチ「ミッキーマウス」
c0023674_1324660.jpg

 某場所にてふと目にした「記憶スケッチアカデミー(ごっこ)」に密かに参加したつもりになって、ひとりであれこれ描くうち面白くなってしまいました。これは『ミッキーマウス』を描いていたつもりが『クレヨンしんしゃん』混じりに。どうやら生え際のところがイメージの分岐点だったらしい。続いて描いた目も、かな。なもんで、身体は日本の幼稚園生にしてみました。

 ※記憶スケッチアカデミー・・・故ナンシー関画伯が某雑誌にて主宰していた、写真や現物を見ずに記憶だけに頼ってその都度の"お題"を描く、という作品を公募していたもの。だと思うけど、正確にはどうでしたっけ。

 まっこと人の記憶とはあやしげなもの、でありながらも、なかなか"イメージ"ってあなどれない。そんなこんながおかしくて。
[PR]
by pantaya | 2006-10-19 00:19 | kioku-sketch
りんごかわいや。
c0023674_22452246.jpg

 毎朝のリンゴの季節が始まった。甘すぎる種類はウソくさくて好きじゃない!なんて言っていたこともあったけれど、やっぱり最近リンゴは甘いのがおいしい。でも果物らしい酸味もちょこっと欲しいです。そういえば子供のころにはひたすら甘い「印度リンゴ」なるものがあったけど、あれはどこへ消えたんだろう。
 いかにもアナログスケッチ風味ですが、これもお絵かきソフト製。「てのひらツール」という、手でこすった感じにできるという機能を使ってにじませた"ウルトラQ"張りの渦巻き(想定外の出来事)が、アナログではあり得ない・・・。

※「りんごの歌」サトウハチロー・詞※
[PR]
by pantaya | 2006-10-13 23:02 | food/tea time
騒音対策
c0023674_21321268.jpg

 数年前のリフォームで、カーペット敷きだった部屋を全部コルクタイル貼りに変えた。ずっとあこがれていたコルク床。微妙な色や模様具合の変化を見るとはなく見つめているのも楽しい。集合住宅のサガで、上下の部屋からの生活音がときどき聞こえる。ということは、うちの音も聞こえているはず。コルクはアタリがやわらかいので、たぶんふつうのフローリングよりも音は小さいと思う。でもやっぱり気になるのでついに手を出しました。家具がスベールような種類のもの。いろいろあって、いろいろ貼って、いろいろ剥がれたりなどして、研究中。こういう試行錯誤も楽しいもので。
[PR]
by pantaya | 2006-10-06 21:25 | daily life