人気ブログランキング |
タグ:スケッチ ( 32 ) タグの人気記事
アメリカのおじさん_4
c0023674_1828278.jpg

 おじさんとくくってはみたものの、もしかしたら意外に若いのかもしれませんが。
 こういう一般レベルでの腕っぷしを拝見するたびに、力勝負の世界大会風なものでの日本人の体格的ハンディを思い知らされてしまいます。やはり、得意なことで技を磨くがよしですね。
 ちなみにこのネオンカラーの装着品は、工事現場用のもの。

by pantaya | 2006-06-26 18:36 | portrait
アメリカのおじさん_3
c0023674_2262567.jpg

 キューピー顔・・・?(でもおじさんです)
by pantaya | 2006-06-15 22:10 | portrait
アメリカのおじさん_2
c0023674_757136.jpg

 なんかタダ者ではない雰囲気のおじさん。なみなみとした銀髪とダークなジャケットが派手なコントラストをつくっていました。
by pantaya | 2006-06-05 08:04 | portrait
アメリカのおじさん_1
c0023674_13425070.jpg

 「ヨーダ・依田さん」から男の人づいていますが、そういえば以前「おじシリーズ」を描いていたことを思い出して、ひっぱり出してきました。国違えども、歳を重ねた人の表情には味があります。それは単に表情筋の陰影(つまりシワとか)が豊かになってくるからだけではないでしょうね。
by pantaya | 2006-05-30 13:51 | portrait
藩さん?
c0023674_14524138.jpg

 似ているか否かがちょっと微妙なところですが…この方も「依田さん」に続いて『スターウォーズ』の主要登場人物です。なんせこの時はまだ若い!ので、ほんとにこんなに細長い顔でいいんでしたっけ?と思うくらい細い顔。スタアとは、昔むかしの青臭いながらもピチピチな姿を万人に知られているということであり、また、じわじわと老け込んですっかり輪郭も崩れてしまった姿と比較され続けるということでもあり。ですが、どの時点をとっても素敵であるのがスタアたるゆえんですね。(ハン・ソロ役をやっていた、ハリソン・フォードのつもりです。)
by pantaya | 2006-05-18 15:01 | portrait
依田さん
c0023674_1272054.jpg

 映画『スターウォーズ』であまりにも有名なキャラクター"ヨーダ"。見た目のヨチヨチしたユーモラスさとは裏腹に、意外なことにいざ闘いとなると身のこなしもすばらしい高潔な賢人。このヨーダのモデルになったのが実は日本人で、クロサワ(黒沢明監督)映画の脚本なども手がけていた「依田」という人だったという話……何の媒体からこのことを知ったのかは忘れましたが。確かにそう言われてみると、日本人にいそういそう!ヨーダタイプのおじさま。
by pantaya | 2006-05-04 01:44 | portrait
犬と人
c0023674_225250100.gif


 犬から首輪をはずして自由に走らせてよいという場所「ドッグラン」。相性のいい犬たち、悪い犬たち、相性のいい飼い主たち、悪いかもしれない(けど犬のように一見しただけではわからない)飼い主たちで賑わっている。金網で囲まれているのを何となく外から見ていたら、一人ふらふらと楽しそうに犬や飼い主たちの間をさまよっているおばさんに目がとまった。どうも連れ(犬)はいないらしい。人より犬のほうが気が休まるのか、あるいは人と接したいというのもあるのか。人なつこい犬によく似ている気がした。
by pantaya | 2005-10-24 23:04 | portrait
犬・その4
c0023674_14475.gif

 そういえば、今はやりにはやっているヨガだとか私の好きな中国武術の動きのなかに、動物を真似したものがけっこうある。やはり動物の動き、それからよく言われるのは赤ちゃんの動きから学べ、ということは多いらしい。なぜか普通に歳を取ってくると身体の使い方が間違ってしまいやすいニンゲンってなんなんだ?
by pantaya | 2005-10-20 01:49 | portrait
犬・その2
c0023674_2281868.gif

 「犬・その1」がオシッコポーズならば、こちらはウンチポーズ。ハッケヨイノコッタポーズと呼んでもよさそうな形。骨盤の状態、脊椎のカーブの状態を想像してみると、身体の使い方としての興味をすごくそそられる。(いったい私は何を見ているんだか・・・)
by pantaya | 2005-10-16 07:33 | portrait
犬・その1
c0023674_022782.gif

 私は動物と一緒に暮らしたことが一度もない。道ばたのネコや散歩中の犬にずんずん寄っていってしまうこともしないので、いわゆる動物好きというんでもないかなあと思っていたけれど、数年前から無性に「飼いたいなあ」と思うようになった。子供がいないことと関係あるかもしれない。子供の代わりに動物ってつもりはないけれど、植物のある暮らしで得た感覚が発展したようなものかもしれない。
 だいぶ前に、公園で犬を放し飼いにするスペースでスケッチをしたもの。左後ろ足をあげてオシッコ中。じつは身体の動き的には、赤ちゃんと動物は「ムダな力を入れない」という点で共通して取り上げられることが多い。たしかに、こんなポーズひとつとっても、肩から首にかけてはリラックスしたまま。大いに参考にしたいところ。

by pantaya | 2005-10-07 00:17 | portrait